HUBNET HUBNET

ロシア向け中古車輸出禁止の理由と新たな市場開拓の可能性について

公開日:2023/12/01  更新日:2024/06/13

日本からの中古車輸出は、世界中の市場で重要な役割を果たしており、経済的価値の最大化と資源の再利用を促進しています。

・・・しかし、2023年8月9日から、日本政府はロシアへの中古車輸出を禁止する措置を講じました

これは、ウクライナ侵攻を続けるロシアへの経済制裁を強化するための一環です。

この措置は、ロシア市場に大きな影響を及ぼし日本の中古車輸出業者にも大きな打撃を与えています。

当記事ではロシア向け輸出禁止の背景や、ロシアへの中古車輸出が難しいのであれば代替としてどの国を選択すればいいのか?を網羅的に解説しますのでぜひ最後までご覧ください。

それではまず、ロシア向け中古車輸出の現状から解説いたします。

ロシア向け中古車輸出の現状

日本政府の輸出禁止措置により、ロシアへの中古車輸出は大幅に減少しました。

排気量1900cc超のガソリン車やディーゼル車、ハイブリッド車、電気自動車、大型車のタイヤなどが輸出禁止の対象となり、一部の小型ガソリン車を除いてほとんどの乗用車がロシアへ輸出できなくなりました

この影響で、富山県内のとある業者では1日200件を超えるロシア向けの中古車買付注文1日数件にまで落ち込むほどの大打撃を受けています。

ロシア市場での日本車の需要が減少する一方で、業者たちは新たな市場を開拓する必要性に迫られています。

そこで、ロシア向け輸出禁止の背景を理解することが、次の一手を考える上で重要となります。次の項目では、その輸出禁止の背景について解説いたします。

輸出禁止の背景

輸出禁止の背景には、主に以下の要因があります。

ウクライナ侵攻に対する制裁

第一に、ウクライナ侵攻に対する制裁として、日本政府はロシアへの中古車輸出を禁止しました。

これは、ロシアの軍事行動を抑制するための国際的な圧力の一環です。

たとえば、冷戦時代の経済制裁がソ連に対する圧力となったように、現代でも経済制裁は重要な外交手段となっています。

 

ロシアに対する経済制裁の強化

第二に、日本は米国や欧州と足並みをそろえ、ロシアに対する経済制裁を強化しました。

これにより、排気量1900cc超のガソリンエンジン車ディーゼルエンジン車ハイブリッド車電気自動車など、ほとんどの車種が輸出禁止品目に追加されました。

これらの制裁は、ロシアの経済に対する打撃を狙ったもので、制裁の影響はすぐに市場データに反映されています。

 

これらの背景を踏まえると、次に注目すべきは、実際にロシア市場がどのような影響を受けたか?という点です。

次は具体的な影響とそのデータについて見ていきます。

ロシア市場の影響とデータ

輸出禁止措置により、2023年8月の日本からロシアへの中古車輸出は前年同月比で42.5%減前月比で62.4%減となりました。

これは、飲食店で例えるなら、主要な食材の輸入が禁止となった場合、必要な材料が手に入らない状況となり、メニューをまるごと変更するか、他の国から材料を調達するしか方法はありません。

中古車輸出も同様に、ロシアは中古車の不足を補うために、先ほどの例えの後者の方でかじを取り、中国からの輸入を急増させました。

実際、2023年7~9月期には中国製中古車の販売台数が前年同期比115%増となり、その市場シェアも大幅に拡大しました。

ロシア市場における日本車の需要が急減する一方で、日本車を扱う業者の方たちは新たな輸出先を探す必要性に迫られております

そこで、ロシアに代わる有望な輸出国はどこなのか?についてお答えいたします。

ロシアに代わる有望な輸出国とは?

ロシア市場が閉ざされた今、日本の中古車輸出業者は新たな市場を開拓する必要に迫られています。

幸いなことに、世界には日本の中古車に対する需要が高まっている地域がいくつか存在しております。

例えば、アフリカ、中東、アジア、オセアニア、そして南米などなど、これらの市場は、それぞれの地域特有の需要と日本車の特性が合致するため、有望な輸出先となり得ます

それぞれ見ていきます。

■アフリカ

ケニアタンザニアウガンダザンビアなどでは、トヨタ車が特に人気で、壊れにくさやスペアパーツの入手の容易さ評価されています。

■中東

アラブ首長国連邦(UAE)では、地中海沿岸国とアフリカ諸国への中継地として毎年多くの中古車が輸出されています。

■アジア

モンゴル、マレーシア、パキスタンスリランカフィリピンバングラデシュミャンマーなど、日本の中古車が高品質であることが評価されています。

■オセアニア

オーストラリアニュージーランドではイギリスや日本と同様に左側通行で、右ハンドル車のみが公道走行可能(一部の左ハンドル車も可能)です。立地的にも日本の中古車が適しているため、需要が高いです。

■南米

チリ、ペルーを通して輸入されるボリビアは、価格が安ければどのような車でも需要がありますが、現地で左ハンドルへコンバートしやすい車両が人気のようです。

まとめ

日本からロシアへの中古車輸出は、政治的・経済的な制約により現在でも難しい状況にあります。

しかし、世界には他にも多くの有望な市場がありますアフリカ中東アジアオセアニア南米など、各地域のニーズに応じた中古車輸出が可能です。

特に、アフリカや東南アジアでは、日本製の中古車がその耐久性と信頼性から高く評価されており、安定した需要があります。

こうした新興市場に向けた輸出を成功させるためには、信頼できるサポートが欠かせません。

そこで、AUTOHUBのサービスが役立ちます

AUTOHUBは、中古車輸出の全プロセスを包括的にサポートしております。

輸出書類の作成、船積みの手配、海上保険(無料)の提供などを提供しています。

また、日本国内からの陸送手配や現地でのヤードでの検査、修理、通関業務も行っています。

特に先ほどお伝えしたニュージーランドとオーストラリア向けに様々なサービスを提供しており、現地での手厚いサポートも行っております。

その他の国(72カ国以上)の全世界へ自動車専用船・コンテナ船に関わらず輸送の手配を行っています。

このような包括的なサービスにより、安心してビジネスを進めることができます。

中古車輸出の魅力は、資源の有効利用と経済的なメリットにあります。中古車両を再利用することで、環境への負担を減らしつつ、経済的な利益を得ることができます。

また、新興市場では日本の中古車が重要な移動手段として社会に貢献していると言えます。

例えば、アフリカの多くの国々では、トヨタやホンダの中古車がタクシーや公共交通機関として広く利用されており、地域社会の経済活動を支えています。

AUTOHUBのような専門的なサポートを利用することで、中古車輸出は実現可能なビジネスになりえます。実際、巨大な船会社や通関業者と直接取引を行うことは、一握りの大手/老舗中古車輸出業者以外では困難です。

多様な市場に対応し、適切な手続きとサポートを受けることで、日本の中古車輸出業者は新たなチャンスを掴むことができるでしょう。

中古車輸出を検討している方は、ぜひAUTOHUBのサービスをご利用ください。安心・安全な輸出プロセスで、ビジネスの成功をサポートいたします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

CONTACT US

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問合せください。